読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せ身の丈暮らし。

月平均15万使って、幸せな5人暮らし。

食費について

先週は野菜はもやしだけ、
魚も購入せずでした。


その前の週もろくな買い出ししなかった気がする。



肉魚は、なるべく新鮮なのん食べたいし、
もうちょっと減らして買ってもいいかも。


なんて思う。


1回の買い出し(野菜、肉、魚、卵)を2000円以内におさえてみようかなぁ。

なんて。


それ以外は、(調味料や冷食、乾物、豆腐と麺とパンと飲み物お菓子など)基本的にディスカウントスーパーで買っています。


だいたい週2の買い足しで計2000円。


もしかして。

乾物や調味料とかの分は別にしたら、

1ヶ月食費2万でもやっていけるかも!!


なんて、思ってみた。


ま、季節のお野菜をいただける恵まれた環境だからこその話なのですがね。



でも、食費2万って、実は簡単だと思う。
バランス考えないで、原材料も考えないで、
カサと安さだけを重視するのなら…、2万あれば、今のうちの食の量ならいけると思う。


毎日朝はメガ食パン。
いっこあれば2日は余裕でいける。

500g100円のパスタ半分に、
1袋100円の大盛パスタソースかけたら、
それで1食。
やきそばだって、肉なしにしたら1食100円以下でみんな満足できる。
100円のたこ焼き2パックと、インスタント麺ふたつでも1食の量は足りる。


ほら、そう思ったら、1日500円もかからずに用意できる。


こどもの分のお昼ごはんは給食なのでのぞいてますけど、

例えば昼食分を土日祝が月10日として、1食300円としても3000円。


旦那と私のお昼なんかふりかけごはんでいーやん。米5キロ1500円。



ってさ。

こんな生活、身体壊すに決まってんやーん!


貧困層? とゆうのですか?
低所得層? の、肥満の原因は、こういうところにあるという記事を見たことがあります。

ごもっとも、と思う。

だって、安く買えるものって決まってくるし。
お金にも時間にも限りがあるんやから、簡単で安いものになってまうし。


で、バランス取れずに太ってしまうと。


いろんなもなを食べようと思ったらある程度の出費は必要やし、身体のことを考えて選んだら、どうしてもどこかで価格に反映されてくるよね。

だからって、高くないと買わない! って話じゃなくて。


産直で買うより安い野菜、なんでそんな安いの??
添加物まみれの安いジャムとか、恐くない?
必要以上に安い商品は、安いだけの理由がある。
例えば箱がつぶれてるとか、例えばメーカーが無名とか、そこはあんま気にしてないけど、
こんもり添加物とか、保存料とか。


シンプルな食卓、ある面で食費は下がるけど、
色々気にすると、多少上がるとこもあります。


でもでも、食料にうまくお金をかけるのは、身体への投資、医療費の削減!!

働き盛りの旦那様に食べ盛りのこども、そして母乳と離乳食のことを考えたら、無理して削る食費ってのは、なんか違うなぁと思うわけですよ。


あれ、なんか言いたいことがちょっとおかしくなっちゃったけど。


例えば、バターは高いからマーガリンで代用します、ではなくて、
バターは高いから使用回数を減らしてます、みたいな調整。
無添加のジャムは高いから、フルーツ買って手作りします、みたいな手間。



そういう工夫こそ、知りたいし実践していきたいな。



もちろん、無理せずに、が大前提ですけどねっ。








にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村