読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せ身の丈暮らし。

月平均15万使って、幸せな5人暮らし。

1週間の予算を守る努力

現在1週間1万円(+α)生活を実施中の私ですが、

これまでは、食費と雑費、交際費に医療費と、現金支出を袋分けしていました。



が、しかーし。だがしかし。
 
あ、ちょっと交際費足りひんから医療費からまわそ、とか。
うわー、食費つかってもうたわ。でも医療費あるからいっか、とか。

項目別に分けたところで、
残し貯めする訳でもなく、 

むしろ、封筒間を移動移動で訳わからん。

必ずしも食費と医療費と雑費が別々のレシートになる訳でもないし(市販薬とかも買うし)。1枚のレシートから項目ごとにわけたりお金入れ替えたりも大変やし。



保育料や光熱費など、ある程度予想できる分はよしとして。

変動する現金支出は、現金支出でまとめても一緒じゃね?! と気付いたのです。


週予算にして、よかったこと。

①精算の楽しみとやり遂げた感が1週間毎に感じられるので、モチベーションが維持できる。
②1週間分なので、ある程度高額の買い物も、他の日で調整し易い。
③毎週月曜日に万札を1枚財布に入れるだけなので管理が楽ちん。


あと、使ってもいい予備費を設けたことで、
支出の多い時の切羽詰まり感もなくなり、使い切る方式にしたことで、予算が残ったときにできるプチ贅沢が、やりくりのゆとりになっています。

欲しい…けど高いからやめよう、って思ってたものを買ってみたり、缶詰や乾物を買い溜めてみたり、ちょっと目新しいものに費やしてみたり。

なので、ゆとりのある週の土日には、ショッピングモールに行ってお買い物をを楽しむこともするようになりました。

逆にデメリットは、

①多少の貯蓄がないと、予算を超える出費が出た時に焦る。
②細かい内訳がわからない。何にいくらかかってるのかわかりにくい。
③残金=イベント費なので、あまりイベントにお金をかけられていない。旅行とかの予算はどうする?!!


普段の生活はこれでいいとして、

イベントはイベントで、別予算たてないとなー

お金かけてばっかりは無理やけど、かけなさすぎもどうかと思うので、今年中にどこかへ行きたいな。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村