貧乏性のなんとな暮らし

貧乏思考が止まらない

スーパーラジエントヒーターでお料理

我が家で使ってるスーパーラジエントヒーターは、

遠赤外線効果があるらしい。



よくわからへんのやけどな。



でも、天麩羅カリっとするし、
かぼちゃ焼いただけでほくほく。
キャベツも蒸すだけで気持ち甘いから。



私の料理の腕かと思ってたけど、

実は遠赤効果やったんか。



余熱調理が得意なコチラ。

電源を切った後もしばらく熱いんですよ。

スイッチ切った後フライパン乗せたら薄焼き卵くらいなら焼けるレベルで。

フライパン余熱してからスイッチ切って卵割り入れても、目玉焼き焼けるレベルで。



なので貧乏性の私は、
その余熱を駆使してしまう。


そんな私の調理法。


まず、ご飯を炊く。
うち、鍋炊きなんで。

↓これ使ってます。


炊き方は割愛。

コツは音を聞くことですな。

底がパリパリ言い出したら、
火から? おろして、

昆布と煮干しが入ったままの味噌汁鍋を載せる。具材入れて沸騰させたら、すぐにスイッチを切りそのまま放置。これで普通に火通ります。かぼちゃの煮付けでも、沸騰させたらすぐスイッチ切る。

ホットケーキなんかは、片面やけたら裏返してスイッチ切る。


肉焼いた後フライパンにキャベツの千切りとか薄切りの野菜広げて放置しとけば付け合わせ完成。もちろんスイッチ切ってます。

なんやったらインスタント麺でも、野菜入れた水沸騰させたら、麺入れてスイッチ切る。
(旦那さまはここでスイッチ切らずそのまま完成までつけつづけるので勿体ないと思ってしまう)




でも、もしこれが壊れたら…同じモノにするかはわからない。わからないったらわからない。


でもその頃には、IHの電磁波問題がほんまなんかどーなんか、世論がはっきりしてるといーなー。


今は眉唾っぽいもんねー。




こちらもよろしくお願いします <(_ _)>

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村