貧乏性のなんとな暮らし

貧乏思考が止まらない

自分にかけるお金

高校入ってすぐバイトを始めたワタシ。

時給がよければ辛くてもがんばれる!

をモットーに、当時の高校生としてはそこそこの時給で有給までもらって働いていました。

初めて買ったのは何だったか忘れたけど、

バイト代は全額お小遣い。


化粧品も装いグッズも、ワタシ史上1番バブリーな頃。すでにこの頃から貧乏性なので、定価で買うのは躊躇ってたけど。それでも、たかくてイイモノを割引価格で探して買ってました。


ひとり暮らしを始めた頃から、稼ぎが生活費に消えていきます。


少しでも安く装うためにアシを使う日々。
卸とか古着とか廻ったり、数駅なら歩くし。
アウトレットでブランドバッグ買ったりはする。


結婚して、子どもができます。

共働きですが、自分の給料はなきものとして生活。でも、旦那様の給料越えなきゃいいやのザルだったので、まぁまぁバブリー。主に食べ物にお金が消える。ケーキ屋のケーキしょっちゅう買うし、パン屋も好き。外食もしょっちゅう。


家を買って。
仕事が変わり制服(ジャージ)に。

結果平日はそれで過ごす為私服着ること激減。
またスッピンで働くため化粧もおざなりに。


無職←今ここ。
スッピンジャージ習慣が抜けきれておらず、毎日同じ格好でゴロゴロ。



美容院
化粧品(基礎含む)
洋服(小物等含む)
ごほうびスィーツ。

なくてもいいけど、潤いとして欲しいもの。
今はほとんど遣ってない枠。

せっかく時間ができたのだから、
ここらへんを充実させたいよ。


あ。歯医者とか、パンツや靴下なんかは、
必需品枠です。



酒は…どっち??!




こちらもよろしくお願いします <(_ _)>

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村