貧乏性のなんとな暮らし

貧乏思考が止まらない

貧乏なりの教育

月収すくなーい!

て、我が家。


塾? 塾…勉強好きなら行ってくれてもいいけど…私もがんばるけど…。


学校のお勉強についていくための塾はちょっと…。


という考え方で、きてます。


まぁ、塾のための月の出費がつらいってのもある。



公文に通う子が多いみたいですね。

上の子のクラスの賢い子も、公文でもう高校生レベルの問題をしているそうです。


私は。

先々すすむのがよいことだとは思っていないので、公文には通わせていません。学校の先生にも周りにも、子どもにも伝えています。

先にすすむばかりがいいことではない。
学校で習うことをきちんとわかることが大事。


幸い、どちらも学校の授業にはきちんとついていけている模様。上の子漢字と文法がちょっとあやしくなってきてるけど…。


そんな我が家の勉強方法は。


宿題。月900円のプリント学習。母特製自主学習ノート。の3点責めです。


宿題は当然として。

週に6枚プリント学習かもしくはノート6ページ。

一応、月水金で2ページずつというイメージ。
ノートは、何をやってもよし。


それとは別に、子どもが持ち帰ったテストやプリントで、間違えている問題をピックアップしたノートを作っています。

長期休暇に入ったら、平日午前中は勉強する約束。45分の15分休憩で9時から12時まで。
宿題だけだとすぐ終わってしまうので、このノートを、5ページ~8ページやってもらいます。

問題がたりなくなったら、それまでに習った漢字ドリルや、ネットで本人の弱そうな単元を出した来てやってもらいます。


答え合わせをわたしがするので、弱い部分はある程度把握。本人は苦手でイヤだけど、がんばってもらいます。

ちゃんと苦手をつぶせているかっていわれると怪しいですが。勉強する習慣とやり方を伝えたいと思っています。


お金がかけない分渡しの手間が多いですが、
今はこれでなんとか。


そして今年から、塾等の統一テストを受けてもらうことにしました。

本人も、得意な算数がどのくらいできるのか興味があったようで、受けるのに依存なく。

先に受けた娘も楽しかったようです。


もしこれで、学校では習わない勉強に興味が出たなら、塾行くのもありかな。お金は…なんとかしますよ。

海外も経験させたいけど…。

月の出費はつらいけど、
単発のキャンプとかは別出費にするのでなんとなくOKな私。

ようよう考えたら払うのは一緒なんやねどな…??


これからは、親がやって欲しいことと子どもがやりたいことが違ってくるんだろうなぁ。




こちらもよろしくお願いします <(_ _)>
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村