貧乏性のなんとな暮らし

貧乏思考が止まらない

嵐の後に

嵐の最中、直後は、怖かった-! ていう気持ちの話とか、被害情報が飛び交いました。


次々と送られてくる情報通の友達からの、恐ろし画像。


階段の上が真っ赤とか(合成?! てくらいのレベルで真っ赤)。

え? まじでこれあそこの道?! みたいな残骸とか。

え?? ちょっと待ってこれおかしくない? 何があった? ていうような破壊され画像とか。



まとめサイトか! 



てゆうか、コレ誰が撮ったんよ…的な。


意外とみんなアクティブさんね。



怖いなぁ。こんなんなってんやな。



嵐が終わった後、ご近所サンがわらわらと、
皆で被害状況の確認。


あそこの電柱倒れたから電気こーへんらしいで。

うわーほなら復旧時間かかるかなぁ。

めっちゃすごかったなぁ。

うち実家えらいことなってるみたいやねん。


そうやって、話をしたりラインをしたりできるのが、ものすごくほっとする。

嵐の最中、こんなんやでって送ってくれる友達。

ひとりで子どもたち抱えて、どうなってるんやろうって悩むことなく。


ヤバい! 外こんなんやって!
絶対出たらアカンやつやな!

とか話せる。


落ち着いて外に出たら、一緒に家の周り確認してくれる人がいる。


幸せやなぁ。ひとりじゃないなぁ。


よかったー住んでるのがここで。

こんなにすぐ近くに、気兼ねなく話せるひとたちがいて。



ありがたや~。


ラインと友だちと、ご近所様々。



最中に連絡をリアルタイムで取り合えるっていう、インターネット環境にここまで感謝したのは初めてよ。


その後は、どの店があいてるとか何処が通行止めとか。


ニュースでは関空が浸水ってのを大きくしてたみたいで、

近所にもテレビきてたみたいやけど。

テレビやラジオはあくまでニュースばかり。


生活に密着した情報は全部ラインとご近所さん。


ここらへんの地域はインターネット上に挙がる情報が都会に比べて全くといっていいほどないのでね…。頼りになるのは口コミなのですよ。


小学校はともかく、保育園に至っては市役所のホームページにすら臨時閉園の情報のってなかったしな…。


びびりやから、自分が運転して偵察とかできるタマでもないし。


落ち着いたと思ったら、ぶーんと友だちの安否確認に走ったってゆう保育園ママとか、ほんますごいと思います。





こちらもよろしくお願いします <(_ _)>
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村